富士通LIFEBOOK WA-X/D3クリーンインストール時の不明なドライバー(Windows10&11)

2022/01/26[公開]

WA-XD3

 富士通のノートブック LIFEBOOK WA-X/D3(FMVWD3AX7B)でメーカーの購入時に戻すリカバリーではなく、素のWindows10またはWindows11をクリーンインストールしたときの不明なドライバーのインストール方法のご紹介です。

 富士通はアップデートドライバーは公式サイトからダウンロードできますが、工場出荷時に導入されているドライバーはダウンロードできません。とくにこの機種のマルチメディアオーディオコントローラー(Intel High Definition Audio)ドライバーを探すのが大変でした。

スポンサーリンク

不明なドライバー5つ

 マイクロソフトのWindowsインストールメディアで新規インストール後、初回のWindows Updateを済ませたあと下記の5つのデバイスにドライバーが当たっていませんでした。

つの不明なドライバー
5つの不明なドライバー
PCI シンプル通信コントローラー
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_A360&SUBSYS_00351E26&REV_10
2PCI データ取得およびシグナル処理コントローラー
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_A379&SUBSYS_00351E26&REV_10
3PCI デバイス
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_A324&SUBSYS_00351E26&REV_10
4SM バス コントローラー
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_A323&SUBSYS_00351E26&REV_10
5マルチメディア オーディオ コントローラー
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_A348&SUBSYS_00391E26&REV_10

チップセット INF ユーティリティー

 まずはインテルダウンロードセンターからチップセットINFユーティリティを入手してインストールします。これで上記2,3,4の3つのデバイスにドライバーが当たります。

インテル マネジメント エンジン ドライバー

 次もインテルダウンロードセンターからインテルマネジメントエンジンドライバーを入手します。これで上記1のPCI シンプル通信コントローラーのドライバーが当たります。

 下記ファイルはzipファイルなので、適当なところに展開しておき、デバイスマネージャーから「 PCI シンプル通信コントローラー 」を右クリック⇒ドライバーの更新⇒コンピューターを参照してドライバーを検索⇒展開したフォルダーを指定でインストールできます。

マルチメディア オーディオ コントローラー(Intel High Definition Audio)

 サウンドドライバーがないと音が出ないので大変ですが、この機種のIntel High Definition Audioドライバーは工場出荷時ドライバー(Realtek High Definition Audio オーディオドライバーV 6.0.8761.1)をPCに付属の「ドライバ・ソフトウェア検索ユーティリティ」以外から入手することは難しいです。似たバージョンならどれでも入るだろうと他のRealtek High Definition Audio オーディオドライバーを試しても、なぜかエラーが出てドライバーが入りません。

 事前に回復ドライブ(リカバリーディスク)を作成せず、全消しでクリーンインストールしちゃった状態からドライバーを入れる方法がなんとかありました。

 最初にインテルダウンロードセンターから「インテル NUC 9 Extreme Laptop キット用の 3.5mm オーディオジャックとスピーカー用に Realtek ハイデフィニション・オーディオ・ドライバーとインテル スマート・サウンド・テクノロジー (インテル SST) ドライバー」をインストールします。

 インストールするとエラーがでてRealtek HDオーディオドライバーはインストールエラーになりますが、それ以外はインストールされてデバイスマネージャー上の表記がIntel High Definition Audioだけが不明なドライバーに変わります。

Realtek HDオーディオドライバーのエラーがでる
Realtek HDオーディオドライバーのエラーがでる

 その次に、Microsoft UpdateカタログからRealtek Semiconductor Corp. – MEDIA – 7/23/2019 12:00:00 AM – 6.0.8761.1(Windows 10, version 1903 and later, Servicing Drivers)サイズ10.1MBをダウンロードします。

 上記リンクを開いたおそらく一番上にあるサイズ10.1MBのものをダウンロードボタンを押して*******.cabのリンクをクリックしてダウンロードします。

ダウンロード
ダウンロード

 現行のEdgeブラウザーだと怪しいダウンロードファイルということで(?)赤×マークがでて一旦ダウンロードが止まります。小窓の上部「 ↓ 」をクリックして「… 」をクリックして「保存」を押してダウンロードを再開させます。

なぜか怪しまれるダウンロード
なぜか怪しまれるダウンロード

 ダウンロードしたファイルは拡張子.cabファイルです。ファイルをダブルクリックして表示されるファイルを全部選択⇒右クリック⇒展開 を選んで適当なフォルダーに展開しておきます。

 デバイスマネージャーを開き、「Intel High Definition Audio」を右クリック⇒ドライバーの更新⇒コンピューターを参照してドライバーを検索⇒展開したフォルダーを指定してインストールすることで、ドライバーがインストールできます。

ドライバーがインストールされました
ドライバーがインストールされました

回復ドライブの作成を推奨

 以上でクリーンインストール後の不明なドライバーがなくなりました。この機種は事前に回復ドライブの作成(リカバリーディスク作成)をしておいた方がいいですね。こんな面倒なことをしなくても、購入時のドライバーや富士通の付属ソフトが入った状態で最新バージョンのWindows10に戻すことができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。