LAVIE Direct DA(H)オールインワンデスクトップのSSD換装とWindows10クリーンインストール

2022/06/29[公開]

GD254-sam2

 2017年発売モデルの LAVIE Direct DA(H)[Desk All-in-one](型番:PC-GD254CCAA)のHDDをSSDに換装する作業のご依頼をいただきました。

 HDDにアクセスするまでの分解手順と、Windows10をクリーンインストールして不明なドライバーをインストールした情報もご紹介します。

スポンサーリンク

用意したSSDと部材

3TB HDDからの換装ですが、Cドライブの使用済みデータは100GB以下なので、500GBか1TBのどちらか選んでいただき、1TBのSSDで換装となりました。

一体型デスクトップは、2.5インチを3.5インチに変換するアダプターで、SATAコネクタの位置が変わらないケース型のアダプターがあると作業が捗ります。

分解手順

 分解手順はわりと簡単な機種です。筐体を裏返して見えるネジ15本をすべて外します。

裏のネジ15本を外す
裏のネジ15本を外す

メモリーのカバーを外し、そこに指を入れて裏カバー全体(スタンドも含めて)を持ち上げるとガバッと取り外せます。

裏のカバーをスタンドごと取り外す
裏のカバーをスタンドごと取り外す

 これで裏の基盤が見えるようになりました。HDDのカバーを外すために下画像の3本のネジを外してHDDを取り出します。

ネジ3本外してHDDを取り出す
ネジ3本外してHDDを取り出す

 元のHDDはWDグリーンの3.0TBでした。(型番:WD30EZRX)用意したSSDを変換アダプターを噛ませて取り付けます。

元のHDD
元のHDD
変換アダプターを噛ませてSSD
変換アダプターを噛ませてSSD

 あとは逆順ですべて元に戻して換装作業が完了です。

Windows10クリーンインストール

 はじめはクローン作業をご希望でしたが、元のHDDがCRCエラーが出てクローン不可だったので、Windows10(バージョン21H2)で新規インストール+個人データの移行+周辺機器やアプリの環境設定作業となりました。

 事前の回復ディスク(リカバリーメディア)のご用意はなかったので、マイクロソフトの素のWindows10のインストールメディアからクリーンインストールです。

不明なデバイスのドライバー情報

 Windows10バージョン21H2の新規インストール後、Windows Updateで最新の状態にまでした状態で、デバイスマネージャー上に不明なデバイスとしてドライバーが当たってないのが5つありました。

Intel INFチップセットドライバー

 とりあえず、真っ先にIntel チップセットINFユーティリティをインストールします。これで3つ一気にドライバーが当たりました。

  • PC データ取得およびシングル処理コントローラー
  • PCI メモリ コントローラー
  • SM バス コントローラー

PCI シンプル通信コントローラー

 ハードウェアID「PCI\VEN_8086&DEV_9D3A&SUBSYS_60A917AA&REV_21」のドライバーはIntel マネージメントエンジンでした。

 以下のLavie機種別ダウンロードページから、この機種用のIntel マネージメントエンジンアップデートが提供されていました。BIOSとファームウェアのアップデートも一緒にインストールが必要です。

  • 10996「2015年秋冬〜2019年夏モデル LAVIE Intel社製MEIドライバー」
  • 10579「LAVIE Desk All-in-one/LAVIE Direct DA/LAVIE Smart DA BIOSアップデートモジュール Ver.644A1003」
  • 11079「2016年春〜2019年夏モデル LAVIE ME FWアップデートモジュール Ver.11.8.70.3626」

PCI デバイス

 ハードウェアID「PCI\VEN_10EC&DEV_525A&SUBSYS_60A917AA&REV_01」のドライバーはRealtek Media Card Reader でした。これはLavieのサポートサイトではダウンロード提供されていない?ようです。

 あまり推奨はできませんが、HPのサイトからダウンロードしたドライバーが当たりました。細かい事を言えば規約違反ですが、怪しいダウンロードサイトで入手するよりかは安心でしょう。自己責任でお願いします。

Relates to the Realtek USB and PCIe Media Card Reader Drivers.

https://ftp.hp.com/pub/softpaq/sp98501-99000/sp98820.exe

作業完了

 あとは、付属のMicrosoft Officeのインストール、ブラウザーその他の同期、メール設定、個人用データの移行、プリンター設定などを行って作業完了でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Amazon プライム対象