東芝Dynabook T75/TBD のハイブリッドHDDをSSDに換装する

2018/06/26[公開]

 東芝 Dynabook T75/TBD(型番:PT75TBD-BWA)のハイブリッドHDDをSSD 1TBに換装する作業依頼をいただきました。裏のフタをまるごと外して開ける必要がありますが、それほど難易度は高くないです。

スポンサーリンク

HDDにアクセスする手順

 基本的には、筐体の裏のネジを全部外して、裏のフタ全体を開けたらHDDにアクセスできるようになります。

 バッテリーを固定しているネジを先に外して、バッテリーを取り外して作業することと、メモリーのフタを外した下にもひとつネジが隠れているのが注意点です。

dynabook-t75-ssd1
バッテリーのネジを先に外す

 先にバッテリーを外しておきます。メモリーのフタのネジは完全に外れないので緩めるだけです。

dynabook-t75-ssd2
裏のネジを全部外す。

 メモリーのフタを外したところに1本ネジが隠れているのを含めて残り10本のネジを外します。

dynabook-t75-ssd3
液晶のヒンジ側から開けていく

 バッテリー側のほうからオープナーを使って裏フタを外していきます。液晶画面のヒンジ部分から、裏のツメを慎重に外していきます。左右の小さいツメの部分が外れると、ガバッとフタを開けることができます。

dynabook-t75-ssd4
フタを外すとHDDが見える

 HDDが見えたらもうネジでは止まっていないので、ゴム足のつまみを上に上げながらHDDをコネクターから取り外せます。

DSCN6904
HDDを取り外せました。

1TBのSSDに交換

 元のHDDは、東芝のSSHD(ハイブリッドHDD)MQ02ABD100Hです。容量そのまま1TBのSSDがご希望なので、Amazonで新製品だったクルーシャルのCT1000MX500SSD1にしました。

DSCN6909
ゴムのマウンターを取り換えて戻していきます。

 元のHDDが厚さ9.5㎜なので、今回のSSD(厚さ7㎜)に付属のスペーサーを入れてゴムのマウンターを取り付けると、隙間なくぴったり納まりました。

 あとは外した順と逆にすべて戻して換装作業完了です。

Windows10を新規インストール

 今回の機種T75/TBDは、2015年冬モデルでWindows10初期モデルですが東芝のリカバリーを何度か行っても、どうしても細かい部分で動作に納得がいかずメインノートPCとして利用できていなかったPCということでした。

 SSDに換装して、前回記事にしたようにApril 2018 Updateで新規インストールした状態で利用していただくことになったのですが、メインPCに昇格できるといいのですが。

スポンサーリンク

 

“東芝Dynabook T75/TBD のハイブリッドHDDをSSDに換装する” への7件の返信

  1. お世話になります。
    今回の記事になっている作業は、いくらほどかかるものなのでしょうか?
    名前のとおりのパソコンを持っており、SSD換装を検討しているのですが・・・

    1. T451所有者さん、この記事の内容でしたら3時間作業で14800円です。
      それプラスSSDの購入代金が必要です。

  2. おはようございます。
    AZ75 PAZ75UGを私の手持ちのSSDに換装していただくことは可能でしょうか?

  3. こんばんは。
    お世話になります。
    1つ質問なのですが。。。

    同じPCで同じSSDに交換したいと思っています。
    SSDは予めフォーマットすることが必要でしょうか?
    それとも自動的にフォーマットしてくれるものでしょうか?

    よろしくお願いします。

    1. 購入時の未フォーマットのままで大丈夫です。
      Windowsを新規インストールする場合、インストール途中でフォーマットされます。
      クローンソフトを使用する場合、フォーマット状態まで丸ごとクローンされます。

      1. 返信ありがとうございます!
        不安材料が消えました。
        SDDに交換しようと思います。

        ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。