レッツノートCF-SX4の不明なドライバ一覧【Windows11クリーンインストール】

2021/10/12[公開]

CF-SX4-drivers

 前回記事でWindows11にアップグレードするテスト機で使用したレッツノートCF-SX4ですが、クリーンインストール後にWindows Updateで自動で入ってこないデバイスマネージャーに13個の不明なデバイスのドライバー情報です。

 Windows11対応ドライバーは1個だけですが、残りはできるだけ新しいものをWindows10用⇒Windows8.1用から選んでいます。

スポンサーリンク

UEFIモードならクリーンインストールできます

 この機種はWindows8.1 ProもしくはWindows7ダウングレード版で販売されていましたが、Windows8.1で購入した場合はマザーボードの設定がUEFIモードになっているため、Windows11のインストールメディアからPCを起動してクリーンインストールが可能です。

 ただし、CPUが第5世代とTPM1.2であるので最小システム要件を満たしていません。インストールメディアからクリーンインストールの場合はチェックをスルーしているだけなので、以下のマイクロソフトの免責事項が適用されるため、サポートを放棄したことになるのが注意点です。

 Windows7からアップグレードでWindows10にしていた場合は、PCの電源投入時F2キーでBIOS画面から起動タブで、・UEFI起動【有効】・Boot Mode【通常】・CSMサポート【自動】に変更することで、UEFIモード・セキュアブート・TPM1.2が有効になります。

(注意)ただし、いままでのWindows10は起動しなくなり、ディスクのパーティションを全部削除しないとクリーンインストールが出来ないので、必要な個人用データなどは事前のバックアップが必要です。

UEFIモードに変更が必要
UEFIモードに変更が必要

Windows11対応ドライバーから

 まずはインテルダウンロードセンターからINTEL Wireless Bluetoothドライバーをダウンロードしてインストールします。一番上にあるドライバー パッケージ 22.80.1 は、Windows11 をサポートすることが検証されています。

インストールすることによって、こちらの不明なデバイスにドライバーが当たります。

表示名
不明なデバイス
場所
Port_#0004.Hub_#0002
ハードウェアIDUSB\VID_8087&PID_0A2A&REV_0001

Windows10対応ドライバーから

 Windows8.1レッツノートシリーズでクリーンインストールWindows10用ドライバ一覧ページからスクロールした下の方にある2項目をダウンロードしてインストールします。

【02】Intel(R) Dynamic Platform and Thermal Framework ドライバー

インストールすることによって、一気に9個の不明なデバイスにドライバーが当たります。

表示名
PCIデータ取得およびシグナル処理コントローラー
場所
 
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_9CBA&SUBSYS_833810F7&REV_03
表示名
PCIデータ取得およびシグナル処理コントローラー
場所
 
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_1603&SUBSYS_833810F7&REV_09
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI-Compliant System
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3400
表示名
不明なデバイス
場所
PCI Express ルート コンプレックス
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3402
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI 対応埋め込みコント ローラー
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3403
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI 対応埋め込みコント ローラー
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3403
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI 対応埋め込みコント ローラー
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3403
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI 対応埋め込みコント ローラー
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3403
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI 対応埋め込みコント ローラー
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3404

【05】Intel(R) Collaborative Processor Performance Controll

インストールすることによって、こちらの不明なデバイスにドライバーが当たります。

表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI-Compliant System
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_340F

Windows8.1対応ドライバーから

 ここまでで残り2個の不明なデバイスが残っていると思います。CF-SX4用の導入済みドライバーページからこちらをダウンロードしてインストールします。

【1】 チップセットソフトウェア

インストールすることによって、こちらの不明なデバイスにドライバーが当たります。

表示名
SM バス コントローラー
場所
 
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_9CA2&SUBSYS_833810F7&REV_03

【7】 Intel Management Engine Software

(注意)最後の残りひとつ『PCIシンプル通信コントローラー』は不明なデバイスのままにしておくのをお勧めします。インテルマネジメントエンジンには過去に深刻な脆弱性が見つかっており、この機種では修正ドライバーもファームウェアも出ていないため、この発売当時のままのドライバーは入れない方が安全です。

インストールすることによって、こちらの不明なデバイスにドライバーが当たります。(深刻な脆弱性あり)

表示名
PCIシンプル通信コントローラー
場所
 
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_9CBA&SUBSYS_833810F7&REV_03

ユーティリティのお勧め

 ドライバーは「PCIシンプル通信コントローラー」ひとつを除きすべてインストールできたと思います。あとは最後の CF-SX4用の導入済みドライバーページから インストールしたほうが良いと思う項目をご紹介しておきます。

【15】電源プラン拡張ユーティリティ

 レッツノートでクリーンインストールすると、今まで以上にファンの音が大きくなったと感じる場合があります。電源プラン拡張ユーティリティをインストールすることによってCPUファン制御モードを選ぶことが出来るようになります。低速モードを選ぶとファンの音が少し静かになるかもしれません。

【18】フラットパッド ドライバー

【21】ホイールパッドユーティリティ

 CF-SX4の丸いフラットパッドで、丸いフチに沿ってクルクル指でスクロールさせて画面上下のスクロールを行っていた場合、18番のドライバーと21番のユーティリティをインストールすることによってホイールパッドの操作ができるようになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です